オリゴのおかげダブルサポートは赤ちゃんの便秘にも使える?

便秘は大人が悩まされるものだと思っている人が多いですが、実はそうではありません。

 

赤ちゃんも便秘に悩まされているのを知っていますか?

 

自分で便秘だと伝えられない赤ちゃんが辛そうにしているのを見ると心が痛みますよね。

 

赤ちゃんの排便リズムは個人差が大きく、排便の頻度が少ないからといって便秘とは言い切れません。

 

1日に何回も便が出る赤ちゃんもいれば、2~3日に1回しか出ない、など赤ちゃんによって排便頻度は大きく異なります。

 

赤ちゃんの便秘の判断基準は難しいですが、普段の排便間隔に比べて間隔があいてしまった場合には便秘だと言えます。

 

つまり1日に1回の頻度で排便していた赤ちゃんが4日に1回しか排便しないとなると便秘状態と言えます。

 

しかし3日に1回の頻度で排便していた赤ちゃんが4日に1回になったからといって便秘とは言えません。

 

便秘かどうかの判断基準はその子の排便間隔を把握し、その間隔と比べて判断しなければいけないのです。

 

また赤ちゃんの様子を見て機嫌が悪い、排便をするときに辛そうに泣く、下腹部を押すといつもよりもかたい、というのが便秘の判断基準になります。

 

お腹がぽっこりしていたり、お腹が張っているということも便秘だと判断できますよね。

 

では、赤ちゃんが便秘になる原因とどのように改善できるのかについて紹介していきます。

 

赤ちゃんが便秘になりやすい理由とは

赤ちゃんが便秘になりやすい理由にはいくつかの要因が絡んでいる場合がほとんどです。

 

「筋肉が未熟で上手に排便できない」「母乳不足」「水分不足」「ミルクが合わない」など様々な原因が考えられます。

 

赤ちゃんが便秘で苦しそうなときには、いくつかの原因を考えて対策を行うことが大切ですね。

 

まず「筋肉が未熟で上手に排便できない」場合は、筋肉の発達を待つ必要があります。

 

赤ちゃんは泣くことで筋肉が鍛えられたり、成長につれて排便に使われる筋肉が発達していきます。

 

そして「母乳不足」や「水分不足」も便秘の原因となります。

 

母乳育児の赤ちゃんは母乳が足りていなくて便が固くなり、排便しにくくなっている可能性があります。

 

ミルク育児と違い、どのくらいの量を飲んでいるのか把握が難しいので、母乳が足りずに水分不足で便がかたくなっている可能性もあります。

 

またミルク育児、母乳育児に関わらず水分が足りていない可能性もあります。

 

白湯や麦茶など水分をこまめに与える必要がありますが、赤ちゃんは汗をかきやすいこともあり、水分が足りていない可能性が考えられます。

 

そしてミルクを飲んでいる赤ちゃんは、ミルクが合っていない可能性もあります。

 

ミルクに含まれている成分はブランドごとに異なり、一般的なミルクをはじめ、アレルギー用対策ミルクやペプチドミルクなど内容成分の異なるいろいろな種類があります。

 

赤ちゃんの消化器官はまだまだ未熟なので、母乳と比べてミルクは消化しにくく、体質に合わないミルクを飲んでいると便秘を引き起こしてしまうのです。

 

ミルク育児の赤ちゃんが便秘の場合は、ミルクの種類を変えてみるという事も大切です。

 

ミルクのブランドを変えてみて便秘が改善されれば、ミルクが合っていなかったという事です。

 

このように赤ちゃんの便秘の原因はたくさんあり、いくつかの要因が関係している場合があります。

 

赤ちゃんの便秘解消にはオリゴ糖がおすすめ

オリゴ糖には善玉菌のエサとなるビフィズス菌を増やす効果があるため、腸内環境を整えて便秘を解消します。

 

赤ちゃんの便秘解消にもオリゴ糖が効果的で、母乳にもオリゴ糖が含まれているため、母乳育児で十分な量を飲んでいる赤ちゃんは便秘で悩まされる事は少ないようです。

 

オリゴ糖は、乳酸菌などの菌を外から補うものではなく、元々お腹にいる善玉菌を増やしていくので赤ちゃんにも安全です。

 

赤ちゃんにあげるオリゴ糖は無添加にこだわりましょう

オリゴ糖は赤ちゃんの便秘解消に効果的ですが、添加物は気になりますよね。

 

市販のオリゴ糖には添加物が含まれているため、赤ちゃんに与えるのは少々不安が残ります。

 

赤ちゃんの便秘を解消し、健康になるために飲ませるオリゴ糖に添加物がたくさん含まれているとなると、本末転倒ですよね。

 

オリゴのおかげダブルサポートに含まれている成分は、乳果オリゴ糖とショ糖です。

 

添加物は含まれていないため、小さな赤ちゃんにも安心して与えることができます。

 

またオリゴのおかげダブルサポートは、母乳や牛乳に含まれている乳糖から作られています。

 

アレルギーを起こす乳タンパク質は含まれていないので、アレルギーを起こす心配がありません。

 

それでも気になるようでしたら、一度担当医に相談の上、試してみると安心ですね。

 

オリゴのおかげダブルサポートならトクホで確実に腸にとどく

オリゴのおかげダブルサポートは、赤ちゃんの便秘解消に効果的なオリゴ糖が含まれています。

 

他のオリゴ糖食品と大きく違う点は、トクホに認定されている「乳果オリゴ糖」が主成分ということです。

 

トクホに認定されているということは、科学的に効果が証明されていて、腸まで確実にオリゴ糖の成分が届くということです。

 

オリゴのおかげダブルサポートなら、確実に腸に届き、頑固な便秘を解消します。

 

オリゴのおかげダブルサポートを1歳未満の赤ちゃんに与えるときには、大人の3分の1程度の量からはじめます。

 

2g程度のオリゴ糖を白湯や離乳食に混ぜて与えます。

 

お腹が緩くなる場合は、量を減らすなどして調節してくださいね。

 

赤ちゃんの様子を見ながらオリゴのおかげダブルサポートを与えていけば、便秘解消につながり、健康な腸内環境に整えられますよ。

 

さらにオリゴのおかげダブルサポートは、整腸効果だけでなく、カルシウムの吸収を促進する効果もトクホで認められています。

 

日本人に不足しがちなカルシウムの吸収を促進するので、成長期である赤ちゃんの骨を強くできるのも嬉しいですね。

 

オリゴのおかげダブルサポートなら1袋ずつの個包装なので、持ち運びも便利ですし、何よりも衛生的なので安心して赤ちゃんに与えられますよね。

 

赤ちゃんの便秘を解消してあげたい、便秘で苦しむ赤ちゃんを助けてあげたい、と思っているお母さんはオリゴのおかげダブルサポートを試してみるのがおすすめです。

 

まとめ

便秘になりやすい赤ちゃんは、オリゴ糖を摂取して腸内環境を整えるのがおすすめです。

 

オリゴのおかげダブルサポートは添加物が含まれていませんし、何よりもトクホ成分「乳果オリゴ糖」が主成分なので、赤ちゃんの腸まで確実に届きます。

 

オリゴのおかげダブルサポートは、冷水にも溶けやすいですし、火を通しても効果に影響はありません。

 

そのため赤ちゃんの離乳食に混ぜたり、普段飲んでいる麦茶や白湯に混ぜるなど、様々な取り入れ方ができるのでおすすめです。

 

赤ちゃんが便秘気味と悩んでいるお母さんはオリゴのおかげダブルサポートを取り入れて、便秘を解消してあげましょう。

 

赤ちゃんの様子を見て量を調節していくことで徐々に頑固な便秘が改善されますよ。

 

自分が飲んでいないオリゴ糖をいきなり赤ちゃんに飲ませるのは不安だという人は、まずお母さんがオリゴのおかげダブルサポートを試してみるといいですね。

 

赤ちゃんだけでなく、お母さんも一緒に飲んでいるという人が多く、同じタイミングで摂取すれば飲み忘れを防ぐことができます。

 

親子でオリゴのおかげダブルサポートで便秘を解消し、快適な毎日を過ごすことができれば、素敵な笑顔で毎日過ごせるのではないでしょうか。